千葉県の税理士リサーチ

あなたの救世主がここに!

結婚相談所ウェブ版を利用した感想

結婚をしたいが恋人がいない、そして恋人がいないゆえに恋人を作って結婚したい、と思ったことがあります。そんなとき、まっさきにリサーチの対象となるのは、結婚相談所かと思います。しかし、婚活サービスには多種多様なものがあり、どれがはたして良いものだろうか、と悩んでしまいます。出会いの手段をざっと挙げれば、出会い系サイトから始まって、次に合コンなどのコンパ系イベントへの参加を検討、さらに恋活パーティや婚活パーティも良いなとこちらも参加、最後にたどり着くのは、一番効果が上がりそうな結婚相談所、というような流れでしょうか。


恋人、行く末は結婚相手を探すにあたり、結婚相談所も様々なものをリサーチしましたが、中でも一風変わった、面白い相談所がありました。なんとそこは、インターネットを経由して、ウェブ上の相談所から結婚相手を探すのです。しかし出会い系サイトではなく、身元が確かな人しか参加することができないところです。しかも身元の確かさを強固なものにするため、身分証明書や住民票や年収証明書まで提出しないとまともにサービスが受けられないところです。またウェブ上ではハンドルネームでもかまわないのですが、自身の写真付きプロフィールを掲載したりして、匿名の参加やお付き合いは許されない厳しい環境です。インターネット上のウェブサイト経由ですので、やり取りの大半はオンラインで完結します。会員登録後、オンライン上で異性のプロフィールを閲覧でき、気に入った異性がいたら自分からメールの手段でアプローチできる仕組みになっています。


しかし、メールといっても、やはり会員登録されている厳しい場所ですので、結婚相談所内のアカウントに限定されています。つまり簡単に異性をひっかけて、直ぐに当該相談所の外へ出る、ということはできません。このような複雑なプロセスを経ることで、システムはがっちりしているのでしょうが、監視されているような錯覚も覚えました。結局、私は結婚相談所ウェブ版では、これといった素敵な出会いに巡り合うことはできませんでした。自分と相性の良い相談機関ではなかったのであまり真剣に使っていなかったということもあるのですが、課金のランクごとにできる制限などもあるので、金銭面の問題もありました。しかし、結婚へ至るプロセスが多様化している現代社会では、インターネット上を拠点とする、ハイテク技術の結婚相談所という選択肢もひとつの出会いの手段であるとは思います。要は、当該相談所を使いこなせる方であれば、きっと出会いの機会が開けてくるものなのでしょう。

Starburst Theme designed by Claire
powered by WordPress 3.6.1 | valid XHTML and CSS