レーザーもリサイクルトナーを使えばインクジェット並に安くなる

レーザープリンターは本体の代金よりも、トナーの方が高くて気になるという人も少なくありません。 一昔前までは本体代もトナー代も高くてなかなか手を出しづらいものでしたが、近年は本体代は手の出しやすい金額になってきただけに、個人や小さな企業でも導入しやすくなってきました。 しかし、トナーの価格というのはそこまで変わっていませんから、リサイクルインクを使用することができるインクジェットと比較をして、やはり割高感があるのは否めません。 そのようなレーザープリンターですがリサイクルインクと同様のリサイクルトナーと言うものがあるので、これを利用することによって費用を抑えることができるので導入をしやすくなります。 導入をする時には、リサイクル品の特徴を知っておくと安心です。

レーザープリンターでもリサイクル品が使える

インクジェットプリンターではコストを抑えるためにリサイクルインクを使用するというケースがあり、これによって印刷コストを純正品の半分あるいは数分の一に抑えることができます。 レーザープリンターも同様にリサイクルトナーというものがあるので、ものにもよりますが印刷コストが半分以下に抑えられることになるので費用の負担がかなり小さくなります。 インクジェットと比較しての利点としては、印刷の仕上がりがリサイクル品を使用しても綺麗になりやすいということや、印刷直後のにじみが少ないというものがあるのでレーザープリンターを使用したいと思っているけれども、印刷コストが気になるという時に役立ちます。 ただし、社外品を使うことになるのでいくつかの注意点は抑えて置かなければなりません。

よく選んで使用をすることが大事

リサイクルトナーを使う上で注意しておきたい点としては、品質にバラつきがあることとそれによってトラブルが発生しうる可能性があるので最低限の保証が受けられる物を選ぶということです。 トナーというのは非常に繊細なものなので、新品であっても不良品が一定数混じってしまうようなものであるためリサイクルしたものとなると、更にその確率は高まってしまいます。 品質の悪いメーカーのものだとますます粗悪なものを掴まされてしまうことになるので、信頼できる品質のものを提供しているメーカー、不良品の場合には保証があるメーカーを選びたいところです。 トナー自体だけでなくトナーの不具合によってプリンター本体が壊れてしまったときの保証もあるかチェックをしておけば、安心して使用をすることができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加